カードローンとは他ローンとどう違うのか?

カードローンという言葉はさまざまな場所で目にしますが、細かい定義などをはっきりご存知の方はかなり少ないのでないでしょうか。カードローンとは、個人向けで無担保の融資を指します。個人向けなので、法人は対象となりません。無担保であることが最大の特徴と言えるでしょう。無担保ということは、当然貸し手に大きなリスクが伴います。大昔、まだ戸籍もしっかりしておらず収入証明などもできない時代には、質屋が質草を取るようになんらかの担保をとり、代わりにお金を貸していました。そうしなければ踏み倒されてしまう危険があったからです。現代では情報のやり取りがスムーズになったため、現物の担保を取らずとも情報を集めて審査に通れば融資を受けられるようになっています。それがカードローンというわけです。カードローンの審査を通るには、多くの場合定職についていることが必要になります。

限度額が低いものは学生・主婦(主夫)でも審査は通ることはありますが、安定した収入を得ているほうが高い限度額で融資を受けられます。審査は年収・勤続年数・他社からの借り入れ状況などの自己申告の書類提出から始まり、カード会社がそれにチェック(勤め先への在籍確認や、各情報・信用機関への問い合わせなど。虚偽の申告をしてもほとんどがここでわかってしまうと言われます)を入れ、結果問題がなければ融資が受けられます。またもう一つの特徴として、審査をいったん通ればその後は限度額の枠内であれば何度でも借りることができるという点もあげられます。一度融資を受けて返済し、もう一度借りたいときにはまた審査を受ける・・・こんなことが他のローンではありますが、カードローンでは不必要です。そのためつい気軽にお金の出し入れをしてしまい、借りているお金であることが麻痺してしまいやすいところには注意が必要です。不要な借り入れをすれば利息はその分かかってしまいますので、借りる前にはよく検討することが大切です。