カードローンで行われる在籍確認の存在

必ずと言っていいほど、カードローンの契約には在籍確認が欠かせません。ここで在籍確認の存在を知っておきましょう。これは金融機関が申込みをした人の職場に連絡を取ることを意味します。場合によってはやむ得ない事情により、勤めている職場に連絡をせず、他の方法で在籍確認をするケースもあります。多くの人はこれを嫌い、だからこそカードローンの契約をしたくないという人も多いです。お得なクレジットカードがあっても、この確認があることで申し込みを避けることがありますが、それに似ている感覚ということにもなるでしょう。ただ勘違いしている点も多いのが、カードローンの在籍確認です。お金を借りる行為をあまり良いと感じない人が多く、それを知られたくない人も多いです。だからこそ職場に金融機関から連絡があると困る人がいます。

たとえば消費者金融になると、個人名で連絡をしてきます。よってほとんどが発覚をしません。銀行カードローンの場合は、行名を語ることが多く、その信頼度が高い存在からローン申し込みによる在籍確認と発覚することも少ないです。よってあまり気にする必要はありません。ただ消費者金融のような個人名で会社に連絡をする人は限られていますので、発覚する可能性はあります。また会社の方針から個人名で電話を掛けてきた場合、個人情報保護の観点で繋がないとするところも多くなっています。その場合は、他の方法で在籍確認をすることも可能です。たとえば社員証、もしくは健康保険証の提出によって、在籍確認をしたと見做すこともありますので、その点は利用するカードローンに問い合わせてみると良いでしょう。金融機関の方も融資を行わなければ利益になりませんので、なるたけ利用者の要望に応えてくれるはずです。それなりの理由があれば、別の方法で在籍確認を行うこともできますので、とりあえず相談をしてみることをおすすめします。ひとつだけ確かなことは、それほど怖がる存在ではありません。