カードローンの借り換えについて

カードローンの借り換えにはいろいろなメリットがあります。実は、あまり知られていないことかもしれませんが、カードローンの審査にあたっては、現在のその人の借入件数というのも重要なファクターになっています。簡単にいうと、いま全くお金を借りていない、借入件数0件の人と、1社から借入をしている人、あるいは2社から借入をしている人を比較すれば、後の方に行くに従って確実に新しいカードローンの融資審査は厳しくなっていきます。そして、ローン会社によっても基準は異なりますが、だいたい3社から5社程度も既に借入がある人は、もはや新たな借入は認めないというローン会社がほとんどです。もし5社以上も借入があって、それでも貸しますよと気軽に言ってくるようなローン会社があったとすれば、それは闇金を疑ってかかったほうが良いレベルなのです。

これもある意味で仕方のないことでしょう。複数のローン会社から借入をしているような人は、おそらくはそれぞれのローン会社で既に借入の限度額一杯まで借りてしまっていて、それ以上に借りられなくなったから次のローン会社に申し込んでいったのだろうと想像できます。ところが、各ローン会社の限度額というのは適当に決められたはずはありません。この人ならここまでなら貸せると審査して決められた金額のはずで、いわばそれ以上は貸すと危ないと判断された金額なのです。そんな借入が複数あるというのは、危ない金額が積みあがっているとも言え、新規の貸し出しに慎重になっても仕方がありません。ですから、既に2社、3社と複数の借入があるような人は、新規の借入を断られることのないうちに、借り換えによってローンを一本化し、借入件数を減らしておくというのが大事になってくるのです。合計の借入金額がたとえ同じであっても、合計3社から借りているのと、1社だけから借りているのとでは、その人の信頼感が全く違うということを覚えておいて下さい。